• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

ホーム金武町からのお知らせ > 「キャンプ・ハンセンにおける新型コロナウイルス感染情報」及び「在沖米軍に係るコロナウイルス感染症対策について(要請)」のお知らせ

「キャンプ・ハンセンにおける新型コロナウイルス感染情報」及び「在沖米軍に係るコロナウイルス感染症対策について(要請)」のお知らせ

キャンプ・ハンセンにおける新型コロナウイルス感染情報
 令和2年7月14日現在、キャンプ・ハンセン関係者の新型コロナウイルス感染者が22人となっています。詳細は沖縄県等で「確認中」となっています。
 町民の皆様は、引き続き「手洗いや消毒」、「マスクの着用」、「密接・密集・密閉の三密を避ける」、「換気」などの感染予防対策をお願い致します。
 学校、子ども園、学童等についても、感染予防対策を行いながら、通常どおりの運営を行います。
 なお、風邪症状が続く場合や息苦しさ、強いだるさ、高熱など感染の心配がある方は、帰国者・接触者相談センター(中部保健所)098-938-9701までお問い合わせ下さい。
 町では、沖縄県等からの情報を踏まえて感染対策に努めるとともに、国等への米軍の感染対策強化や情報公開、基地内で働く方々への感染予防対策を講じるよう要請してまいります。
 町民の皆様におきましては、新しい生活様式の徹底をお願いします。

 
7月15日(水)に、仲間一町長は、県知事とともに内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣、厚生労働大臣へ町民の安心・安全な生活を守る観点から、以下のとおり要請をしました。
(※駐日米国臨時代理大使にも同様の要請をしています。)
在沖米軍に係る新型コロナウイルス感染症対策についての要請項目
1 日本政府の責任において、米軍に以下のことについて実施させること。
(1) 世界的に感染拡大が続いている中、米本国等からの沖縄への異動を中止すること。中止するまでの間は、入国する全ての米軍人等に対し、PCR検査を実施するなど、日本政府の対策と同様な水際対策を徹底すること。
(2) キャンプ・ハンセンなど、クラスターが発生している基地を閉鎖し、感染拡大防止の徹底を図ること。
(3) 基地内における警戒レベルを最高レベルまで引き上げること。
(4) 基地外の宿泊施設で実施している移動制限措置については、基地内で実施すること。
(5) 基地内の日本人従業員や入国者を受け入れている宿泊施設の従業員等への感染防止対策を徹底すること。
(6) 感染患者の基地外における行動歴等の十分な情報提供を行うこと。
(7) 基地内の医療体制、検査体制に関する情報提供を行うこと。
(8) UDP(ローテーション配備)などで沖縄に配属される軍人等の人数の情報提供を行うこと。また、基地外に居住する米軍人等の人数などの詳細な情報を地元地方公共団体に提供すること。
2 検疫についても国内法を適用するなど日米地位協定を抜本的に見直すこと。
3 政府において知り得た情報については、速やかに、沖縄県及び関係市町村に情報提供を行うこと。
4 米軍由来の感染であっても、政府は責任を持って沖縄県及び関係市町村と連携し対策を講ずること。
 
問い合わせ:金武町役場総務課(金武町新型コロナウイルス関連対策室)☎098-968-2111

金武町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想等がございましたら下記をご入力し送信ください。


ページのトップへ