• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

ホーム暮らしの情報学校教育令和2年度金武町立小中学校英語教育課程特例校の取組について > 令和2年度金武町立中学校英語教育課程特例校の取組について

令和2年度金武町立中学校英語教育課程特例校の取組について

○令和2年度金武町立中学校英語教育課程特例校の取組について

1. 特別の教育課程の概要

 これからの時代において必須となるグローバルな視野を持った人材を育成するため、中学校第1学年~3学年において、新設教科「英会話科」を設置する。
 総合的な学習の時間から新設教科「英会話科」に下記の時間を充当する。
 ・1学年(30時間)
 ・2学年(15時間)
 ・3学年(10時間)
 ※教育課程全体は【別表1】の教育課程表を参照

 

2. 学校又は地域の特色を生かした特別の教育課程を編成して教育を実施する必要性

 金武町は、明治・大正時代、當山久三翁に代表されるように、ハワイをはじめ北米・フィリピン・中南米への海外移民の先駆をなし、現在多くの方々が現地で活躍している。そのような歴史的背景から海外移住者子弟等の受け入れ事業、ハワイ州カポレイミドルスクール姉妹校交流事業、ハワイ短期留学派遣事業、海外ホームステイ派遣事業等の国際交流事業が行われてきた。

 金武町は、リゾート施設(外国資本)・医療施設・リハビリ施設等の一体型施設が着実に建設されており、英語を使える人材の育成が望まれている。よって、平成27年度以降、小中が連携した系統的・段階的な英語活動(英会話科)の推進で、本町の掲げる「国際性に富んだ人材育成」を図っている。
 

3. 学校の取組について    ※随時更新予定

 

 金武中学校       自己評価結果     学校関係者評価結果
 

※学校名を選択すると令和元年度の各学校の実施状況が確認できます。 

4. 実施の効果及び課題

 

 本特例は、金武町の立地や生活環境を鑑み、英語を使える人材の育成が望まれている背景から、小中が連携した系統的・段階的な英語活動(英会話科)の推進により、本町の掲げる「国際性に富んだ人材育成」を図ることを目指して、小学1年生から英語活動を行っている。
 町独自で行っている生徒アンケート【別表2】を見ると、英会話科の授業については、概ね楽しいと感じている生徒が多い。「ALTや英会話担当の英語を聞くことを楽しんでいるか」の問いには、肯定的な回答が平成31(令和1)年度に続き高い割合となっており、「話すこと」についても同様で、今年度は肯定的な回答が概ね8割となっている。「もっと英語で会話ができるようになりたいか」についての肯定的な回答も9割近いことから、5年間にわたり実施してきた良い結果が出ていると考える。今後はそのような生徒の気持ちに応えるべく、英語の教科において、指導内容や方法等を工夫・改善する必要がある。
 アンケート項目全般において、過去5年間で最も良い結果となっており、その要因として、現中学1年生は小2から、中学2年生は小3から、中学3年生は小4から、英語活動に取り組んでおり、その積み重ねの成果も大きいのではないかと考える。
 今後も、小中連携のもと、小学校の学びをしっかり捉えて中学校の学びへ繋げてほしい。

 保護者へ行ったアンケートには、下記のような感想が寄せられた。(抜粋)
 

「英会話科での勉強はあなたの将来にどのように役立つと思いますか。」の問いに対して
・将来の夢が英語話したりする仕事だから、勉強してたくさん話せるようになりたい。
・外国の人と会話することが増えていろんな人と友達になることができると思う。
・将来、困っている外国人を英語を使って助けることができると思う。
・基本的な会話は身についたのでそこからもっと英語を勉強することができる。
・町内の英語で書かれている看板とかを見るとき。
・沖縄の接客業はとくに必要だと思う。アルバイトとかでもペラペラだったら役に立つしかっこいい!
・これからはグローバル社会になると勉強したので英語ができれば私の人生が豊かになると思う。
・留学するとき、仕事、旅行するとき、子どもに英語教えるとき、バイトなどで役立つ。

 保護者へ行ったアンケートには、下記のような感想が寄せられた。(抜粋)

・これからも続けてほしいです。
・高校入試に向けたヒアリング力や、日常会話が定着できるようにしてもらえると嬉しいです。
・本人、将来、海外への留学を希望しています。
・これからも続けてほしいです。
・高校入試に向けたヒアリング力や、日常会話が定着できるようにしてもらえると嬉しいです。
・本人、将来、海外への留学を希望しています。
・子どもが英語が苦手なのが気になる。興味を持ってほしいなーという親の願望です。
・実際に外国の方と話す機会を多く持つことは子ども達の意欲につながると思います。
・英会話大切だと思います


(2)学校教育法等に示す学校教育の目標との関係

 本特例を実施している金武中学校においては、生徒指導及び特別支援教育の面で長年の課題がある。それに伴い、教科全般の学力についても課題が大きい。全国学力・学習状況調査についても、全国平均を下回り、県や地区の平均も下回っている。5教科の中では英語は比較的正答率は高いが平均には達していない。英語をきっかけにその他の教科も自信をつけ、意欲的に学習に取り組むことを期待する。

 【別表3】は、年度末に一人一人に行ったインタビューテストである。
 今年度は、全体的に正答率が高い。混同しがちな曜日名と月名の聞き取りと答え方は90%以上の正答率となり、天気と誕生日についてもルーティーンの質問なのでほぼ定着している。問5 What time do you get up?  問6 What ~ do you like? などの自分の考えなどを答える質問も今年度は90%以上の正答率となっている。問7 How much is this? 問8 What’s wrong with this person? などの絵を見て答える質問には、質問の理解と答える際の表現を理解していないと答えられないが、今年度は、英語表現を意識したやり取りを重ねながら定着を図るよう指導した結果、高い正答率となった。問9 Which season do you like, summer or winter?  問10 Why? の2つも正答率が高い。昨年度から教科においても取り入れ、毎回様々な話題についてやり取りを重ねたスモールトークの成果が出ていると言えよう。
 

5. 課題の改善のための取組の方向性

 

 (1)成果
  ・英会話科の授業について多くの生徒が肯定的に捉えている。「話すこと」についての肯定的な回答が約7割で、生徒は英語で話すことを前向きに捉えている。
  ・英会話科のカリキュラムと英語教科の授業を連携し、体系的な英語学習へとつなげることができた。
  ・英会話科を専用に担当する教諭を配置したことで、英語教諭の負担が軽減し内容の充実が図れた。
  ・保護者の英会話科に対する期待は高く、取組を継続してほしいという意見が多い。
  ・アプローチカリキュラムとして、中学校の英語教諭が出前授業を町内の3小学校の6年生に対して実施することができた。

(2)課題
  ・特別の教育課程の終了に伴い、英会話科の授業も終了になる。今後は中学校の英語教諭と町の英語コーディネーターが連携して、この5年間で積み上げてきた英語に対する生徒の意識をさらに向上させる取り組みをいくことが大切である。
 

6. 資料

 (1)令和2年度教育課程特例校に関するアンケート(教師)【別表4】

 (2)令和2年度教育課程特例校に関するアンケート(保護者)【別表5】
 

7. 問合せ先

金武町教育委員会 学校教育課
NTT電話:968-2991  有線電話:8-2991


このページは学校教育課が担当しています。

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武7758
TEL:098-968-2991   FAX:098-968-4963
問い合せはこちらから

金武町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

このページはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想等がございましたら下記をご入力し送信ください。

  •  

ページのトップへ