• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

ホーム暮らしの情報税金 > 固定資産税のあらまし

固定資産税のあらまし

固定資産税とは?

固定資産税とは、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

固定資産税の対象となる資産

土地、家屋及び償却資産が固定資産の対象となります。

固定資産税をおさめる人(納税義務者)

固定資産税を納める人は、原則として固定資産の所有者です。具体的には、次のとおりです。

土地 土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
家屋 建物登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
償却資産 償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している人が納税義務者となります。

税額算定のあらまし

固定資産税は、次の手順で税額が決定され、納税者に通知されます。

固定資産を評価し、その価格を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定します。

固定資産税の土地と家屋の評価額は3年に一度評価替えが行なわれます。
固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行なわれ、市長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額を算定します。
このようにして決定された価格や課税標準額は、固定資産課税台帳に登録されます。

価格の据置措置 土地と家屋については、原則として、基準年度(3年ごと)に評価替えを行い、賦課期日(1月1日)現在の価格を固定資産課税台帳に登録します。
第二年度及び第三年度は、新たな評価を行なわないで、基準年度の価格をそのまま据え置きます。(平成21年度は基準年度です。)
しかし、第二年度又は第三年度において①新たに固定資産税の課税対象となった土地又は家屋、②土地の地目の変換、家屋の増改築などによって基準年度の価格によることが適当でない土地又は家屋については、新たに評価を行い、価格を決定します。
平成22年度、平成23年度の価格の修正
土地の価格は上記のように、基準年度の価格を3年間据え置くこと原則ですが、平成22年度、平成23年度おいて地価の下落があり、価格を据え置くことが適当ではないときは、価格の修正を行います。
償却資産の申告制度 償却資産の所有者は、毎年1月1日現在の償却資産の状況を1月31日までに申告していただきます。これに基づき、毎年評価し、その価格を決定します。
土地価格等縦覧帳簿及び家屋価格等縦覧帳簿の縦覧 固定資産課税台帳に登録されている価格等の事項は、固定資産税の課税の基礎となるため、通常4月1日から最初の納期限の日までの間、固定資産課税台帳をもとに作成される土地価格等縦覧帳簿(所在、地番、地目、地籍、価格が記載されています。)家屋価格等縦覧帳簿(所在、家屋番号、種類、構造、床面積、価格が記載されています。)により、土地又は家屋の納税者の方に町内のすべての土地又は家屋の価格をご覧いただいております。
税額の算出は、課税標準額×税率(1.4%)=税額となります。
課税標準額 原則として、固定資産課税台帳に登録された価格が課税標準額となます。しかし、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合や土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は価格よりも低く算定されます。
※住宅用地には課税標準の特例があります。土地には税負担の調整措置があります。
免税点 金武町内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれ課税標準が次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。
土地30万円、家屋20万円、償却資産150万円
税率 固定資産税の税率は、町の条例で定めることとされています。金武町の税率は標準税率の1.4%です。

納期

  • 第1期(4月末日又は5月末日)
  • 第2期(7月末日)
  • 第3期(12月25日)
  • 第4期(翌年2月末日)

このページは税務課が担当しています。

〒904-1292 沖縄県国頭郡金武町字金武1番地
TEL:098-968-2112   FAX:098-968-6272
問い合せはこちらから

金武町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

このページはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想等がございましたら下記をご入力し送信ください。

ページのトップへ