• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

ホーム暮らしの情報高齢者・介護 > 平成20年4月から「老人保健制度」が「後期高齢者医療制度」に変わります

平成20年4月から「老人保健制度」が「後期高齢者医療制度」に変わります

新たな制度の仕組み

対象となる人
75歳以上の方が全員対象者です。
65歳以上75歳未満で一定以上障害ある方。(老人医療の認定を受けている方は対象となります)
新しい被保険者証が1人に1枚交付されます。(平成20年3月頃予定)
現在の老人医療受給者証、国民健康保険証や被用者保険の保険証は使えません。
保険料は全ての被保険者が納めます。
(原則、平成20年4月の年金から天引されます)
給付
現在の老人保健制度と同じ給付が受けられます。
高額介護合算療養費が新しく設けられます。

医療制度の運営

後期高齢者医療制度の運営は、公費(国・県・市町村)で約5割を負担し、約4割を支援金(現役世代の保険料)で負担し、残りの1割を保険料で賄います。

医療制度の運営

広域連合と市町村の役割

  • 沖縄県を一単位として全ての市町村が加入する広域連合が運営主体となり、保険料の決定及び医療の給付等をおこないます。
  • 市町村の窓口では被保険者の利便のため、保険料の徴収業務、被保険者証等の引渡し及び申請関係の業務を担当します。

沖縄県後期高齢者医療広域連合

〒904-1192 うるま市石川石崎1丁目1番(3F) TEL:098-963-8012

このページは 住民生活課が担当しています。

〒904-1292 沖縄県国頭郡金武町字金武1番地
TEL:098-968-3557   FAX:098-968-6272
問い合せはこちらから

金武町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

このページはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想等がございましたら下記をご入力し送信ください。

ページのトップへ