• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

令和2年度金武町立小学校英語教育課程特例校の取組について

○令和2年度金武町立小学校英語教育課程特例校の取組について

1. 特別の教育課程の概要

 これからの時代において必須となるグローバルな視野を持った人材を育成するため、1~4学年に「英語活動」を設置し、「外国語活動」と合わせて年間34~50時間を英語教育に充てる。

・小学校1学年において、音楽を11時間、図画工作を11時間、体育を12時間削減し、34時間の「英語活動」を設置する。

・小学校2学年において、音楽を10時間、図画工作を10時間、体育を15時間削減し、35時間の「英語活動」を設置する。

・小学校3~4学年において、総合的な学習の時間を15時間削減し、外国語活動とあわせて、3・4年生で50時間の「英語活動」を設置する。

※教育課程全体は【別表1】の教育課程編成表を参照

2. 学校又は地域の特色を生かした特別の教育課程を編成して教育を実施する必要性

 金武町は、明治・大正時代、當山久三翁に代表されるように、ハワイをはじめ北米・フィリピン・中南米への海外移民の先駆をなし、現在多くの方々が現地で活躍している。そのような歴史的背景から海外移住者子弟等の受け入れ事業、ハワイ州カポレイミドルスクール姉妹校交流事業、ハワイ短期留学派遣事業、海外ホームステイ派遣事業等の国際交流事業が行われてきた。

 金武町は、リゾート施設(外国資本)・医療施設・リハビリ施設等の一体型施設が着実に建設されており、英語を使える人材の育成が望まれている。よって、平成27年度以降、小中が連携した系統的・段階的な英語活動(英会話科)の推進で、本町の掲げる「国際性に富んだ人材育成」を図っている。
 

3. 各学校の取組について    ※随時更新予定

 

 金武小学校     自己評価結果     学校関係者評価結果
 

 嘉芸小学校     自己評価結果     学校関係者評価結果


 中川小学校     自己評価結果     学校関係者評価結果


※学校名を選択すると令和2年度の各学校の実施状況が確認できます。 

4. 実施の効果及び課題

(1)特別の教育課程の編成・実施により達成を目指している学校の教育目標との関係
 本特例は、金武町の立地や生活環境を鑑み、英語を使える人材の育成が望まれている背景から、小中が連携した系統的・段階的な英語活動(英会話科)の推進により、本町の掲げる「国際性に富んだ人材育成」を図ることを目指して、小学1年生から英語活動を行っている。

 町独自で行っている児童アンケートを見ると、どの学年も友達と楽しみながら英語活動を行っていることが伺える。「どんなことが楽しいか」の回答で、「上手に話せること」「友達と英語を使って話すこと」の割合が年々高くなっていることに加えて、今年度は「新しい英語を覚えること」が高い割合を示している。低学年の児童でも、ゲーム等の楽しい活動だけでなく英語でのコミュニケーションに意欲を示しているという良い結果が出ている。一方、「授業中に先生や友達に英語を使って話しかけたりしている」「授業以外で、英語の先生に英語であいさつしたり、話しかけたりする」「英語を使って外国の人と話してみたい」の割合が昨年度より幾分小さくなってきていることは気になるところであるが、「英語を勉強することは大切だと思う」の割合は、昨年度同様の高い割合を示しており児童が英語の授業を前向きにとらえていると考える。  【別表2】

 


 

 児童(1~4年)へ行ったアンケートには、下記のような感想がよせられた。(抜粋)
「英語を勉強することは大切だと思いますか。なぜそう思いますか。」の問いに対して
・外国の人が道がわからないなど困っているとき教えてあげられるから
・英語は覚えたら世界中の人とお話できるから
・大人になったとき英語を話す仕事につくかもしれないから
・英語の勉強は、人とかかわる大切さを教えてくれるから大切だと思うから
・中学や高校ではもっとむずかしくなるから今のうちに覚えたい
・外国の人に声をかけられた時話せなかったら困るから
・英語が分かるようになりたいから
 教師へ行ったアンケートには、下記のような感想が寄せられた。(抜粋)
・朝の会の時間に、「今日は何曜日?」や「今日の天気は?」を英語で質問しそれに上手に答えられるようになってきた。
・簡単な英単語を日常生活で使うようになった。
・職員室への入り方を学習すると、すぐに、言ってみようとチャレンジする姿がありました。
・英語活動を楽しみ、ローマ字や行事について前以上に興味があるように感じる。
(「英語活動を行うことで、先生自身に変化はありましたか」の問いに対して)
・少しずつですが、この表現を英語で言うと?と考えたり、JETの先生に聞いて使える表現は使っていこうと思うようになった。
・以前よりも会話ができるようになったと思う。
・ALTの先生から英語活動の幅広い取り組み方を学ぶことができた。
・英語を教えることに自信がなかったが、教師自身も学んでいる姿勢を見せることで、児童と一緒に授業に前向きに取り組むことが出来たと感じる。
・不安はあったが、ALTと活動していく中で、外国語に慣れ楽しく感じるようになった。
 保護者へ行ったアンケートには、下記のような感想が寄せられた。(抜粋)
・英語の時間をとても楽しみにしています。
・習った単語を嬉しそうに話してくれるので嬉しいです。
・毎回外国語の授業は楽しいようで、外国語の授業があった日は、家で復習をかねて習った英語で質問してきます。とても楽しく取り組んでいます。
・保育園の頃より英語に触れてきましたが、やはり早いうちだと耳が慣れるので、私達親世代よりだいぶ伸びが違うように思いました。とても良い事だと思います。
・英語が楽しいようで、習った事を家で弟と一緒に歌ったりクイズを出し合ったりしています。これからも続けてほしいです。単語をたくさん覚えることができています。
・家庭でも兄弟で英単語を使ったりしています。先生だけではなく同年代の(アメリカンスクール等)と会話を実践的に利用する機会があればと思います。
・子供は英語の授業がある日は、朝からとても楽しみにしています。小学生の早い段階から母国語以外の言語にふれる事はとても良い事だと思います。引き続き是非継続して頂きたいです!
・とても英語の授業が好きみたいです。カードゲームをしたとか英語の歌を歌ったよとか、いろいろ話してくれます。
・公園などでお友達になった子が海外の子だったので、単語やジェスチャーで遊び始め興味を持ち始めたので、とても良い事だなあと思いました。自宅でも話してみたいと思います。
(2)学校教育法等に示す学校教育の目標との関係
 本特例を実施している町内3小学校においては、生徒指導及び特別支援教育の面で長年の課題がある。それに伴い、教科全般の学力についても課題が大きい。全国学力・学習状況調査についても、全国平均を下回り、県や地区の平均も下回っている。

 しかしながら、平成27年度から継続して英語活動に取り組んできた児童は、英語に対する意識において成果が上がっている。  【別表2】

5. 課題の改善のための取組の成果と課題

 4に示したことを踏まえて、成果・課題・今後の方向性を以下に記す。


(1)成果
・児童の9割以上が英語の授業を楽しんでいる。
・平成27年度から年度を追う毎に、英語を使うことへの抵抗感がなくなっている
・保護者の英語教育に対する評価は高く、今後も取組を継続してほしいという意見が多い。
・外国語の互見授業を合計5回実施することができ、小学校と中学校の教諭及びALT・JTEがお互いの授業を見学することで理解を深めることができた。
・アプローチカリキュラムとして、中学校の英語教諭がALT・JTEとのT.T.出前授業を町内の3小学校の6年生に対して実施することができた。
 

(2)課題
・担任やALTによってスモールトークの取組にばらつきがあった。
・ティームティーチングの充実
・内容面の充実
・新型コロナウイルス感染症対策に伴い海外移住者子弟研修生等が来日できないため、3・4年生の計画していた交流会が持てない状況になっている。それに代わる交流の検討が必要である。
 

(3)今後の取組の方向性
・中学校との連携でアプローチカリキュラムを実施
・スモールトークの充実
・担任とALT・JTEとの打合せの時間の確保
・外国人との交流の検討・内容充実 

6. 資料

 (1)令和2年度教育課程特例校に関するアンケート(教師)【別表3】

 

 (2)令和2年度教育課程特例校に関するアンケート(保護者)【別表4】

7. 問合せ先

金武町教育委員会 学校教育課
NTT電話:968-2991  有線電話:8-2991

 

このページは学校教育課が担当しています。

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武7758
TEL:098-968-2991   FAX:098-968-4963
問い合せはこちらから

金武町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

このページはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想等がございましたら下記をご入力し送信ください。

ページのトップへ