ヨリブサノ御獄 [記念物(遺跡)]

更新日:2022年04月01日

両脇に草が生い茂る小道の奥に、赤い瓦屋根の建物が立っているヨリブサノ御獄の写真

この御嶽は、「琉球国由来記(1713年)」に金武間切屋嘉村ヨリブサノ御嶽(神名アコウヅカサノ御イベ)、祭祀は伊芸ノロに所掌と記されています。
御嶽は部落の発生と深く関わりを持ち、往時はこの御嶽の近くに御嶽を守護神とする上の島(村)が存在していたと伝承されています。
御嶽の森にはコンクリート作りの神社があり、火の神(ヒヌカン)が安置され、現在も屋嘉区での神事の祈りには、祭司によって部落の繁栄と豊年の祈願が行われている由緒のある御嶽です。

  • 指定年月日:平成4年5月7日
  • 所在地:金武町字屋嘉1338番地

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武7758
TEL:098-968-8996   FAX:098-968-4963
問い合せはこちらから