茶川(サーガ) [ 記念物(遺跡)]

更新日:2022年04月01日

草木が生い茂る日陰に石造りで四角く囲まれた泉がある、茶川の写真

茶川(サーガ)の泉は、琉球石灰岩基盤の多孔質より湧出る自然的な古い形態をとどめた囲い井泉です。
金武の古謡に「神人来りて、福蔵の水清し…」とあり、水清しは茶川の泉からの清流を謡ったのではないかと暗示されています。
豊富な湧水は、茶川の水田から水田へ送る「田越灌漑」により、福花原の水田に利用されていました。
また、イジュイダカリや美里原の地域住民の飲料水として昭和38年頃まで利用され、地域住民の生活と深い関わりを持った泉です。

  • 指定年月日:平成3年12月24日
  • 所在地:金武町字金武12041番地2

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武7758
TEL:098-968-8996   FAX:098-968-4963
問い合せはこちらから