慶武田川(キンタガー) [ 記念物(遺跡)]

更新日:2022年04月01日

日陰に円形の石造りで地面に埋め込まれている様子の慶武田川の写真

慶武田川の泉は並里部落南東の端に位置し武田原を前に控えた大きな井泉です。森を背にした井泉は夏場でも渇水することがなく、慶武田川の水は底から湧出ると伝われるくらい、豊富な水量を有しています。
昔は樋からあふれ出る水を利用して、「もやし作り」が行われていた時期もありました。
昭和38年頃に各家庭に水道が普及するまでは、泉は地域住民の飲料水として、また洗濯・水浴場・農産物洗い場として利用され、地域住民の日常生活に欠くことのできない井泉でした。
地域住民の生活感情や風習との関わりを持ち、長い歴史をとどめた希有な井泉です。

  • 指定年月日:平成3年12月24日
  • 所在地:金武町字金武919番地

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武7758
TEL:098-968-8996   FAX:098-968-4963
問い合せはこちらから