観音寺のフクギ [天然記念物]

更新日:2022年04月01日

大きく太い立派な幹に立派な枝が空高く伸び、青々とした葉が生い茂る観音寺のフクギの写真

観音寺のフクギは、正門礼拝道を下った17メートル左側に位置し、その樹根・樹枝の大きさは、沖縄本島各地の樹木(フクギ)調査の中でもひときわ大きいフクギの木で、各地の調査と比較した結果によると樹齢約350年と推定された希少な巨木です。
幾年代の歴史を積み重ね成長し強く根を張り、高く、どっしりとそびえるその樹影に愛郷のこころを育む巨木です。
近年、金武町に於いても宅地の整地、土地造成事業等による緑の破壊が進む中で、自然的な景観と緑に対する町民の認識を深める上からも、このような稀有な巨木は町の遺産だと考えています。

  • 指定年月日:平成3年12月24日
  • 所在地:金武町字金武222番地

この記事に関するお問い合わせ先

社会教育課

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武7758
TEL:098-968-8996   FAX:098-968-4963
問い合せはこちらから