• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

ホーム金武町からのお知らせ > 沖縄県内での麻しん(はしか)流行について(注意喚起)第3報

沖縄県内での麻しん(はしか)流行について(注意喚起)第3報

  
       沖縄県内での麻しん(はしか)
                 流行について(注意喚起)
第3報

   メディア等で連日報道されておりますように、現在、沖縄県では広い範囲で麻しん(はしか)の
   流行が起こっています。

     4月27日時点で76名の麻しん(はしか)患者が報告されています。20代~30代の患者発生が55%
   と最も多くなっています。
    麻しん(はしか)は非常に感染力が強く、感染した場合、風邪のような症状が続いた後、高熱と発疹等の
   症状を示し、免疫がない人が感染した場合、重症化することがあります。
    麻しん(はしか)感染の疑いのある方、37.0度以上の微熱のある方、体調不良など症状のある方は、
   不要・不急の外出は控えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

   ※過去に麻しん(はしか)と診断されたこともワクチン接種を受けたこともない方で、麻しん患者と接触し、
   1~2週間(約10日間)経ってから発熱、せき、のどの痛み、眼が赤くなるなどの症状が出てきたら麻しん

   (はしか)の可能性があります。麻しん(はしか)の可能性がある旨を、事前に医療機関へ必ず連絡してか
   ら受診するようにしてください。

     
     
       詳しくは、下記沖縄県麻しん(はしか)情報をご覧ください。
 
       http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/eiken/kikaku/kansenjouhou/measles.html 



    お問い合わせ
    
 金武町総合保健福祉センター   NTT 968-5932
                     有線電話   8-5932

金武町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想等がございましたら下記をご入力し送信ください。


ページのトップへ