• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

ホーム募集情報 > マダニ注意!!のお知らせ

マダニ注意!!のお知らせ

 厚生労働省によりますと、去年、50代の女性が野良猫にかまれ、およそ10日後に死亡しました。女性はマダニが媒介するウイルスの感染症「SFTS」を発症していて、女性をかんだ猫も同じ感染症にかかっていた疑いがあり、かまれたことで感染したとみられるということです。ペットとして飼われている犬と猫それぞれ1匹がSFTSを発症したことも確認していて、猫から人への感染事例が明らかになるのは世界では初めてです。
 また、媒介主のマダニは、山林や野原に多く生息します。8月11日「山の日」や旧盆の墓掃除で、草むらに出入りすることから「肌の露出を少なくして、防虫スプレーを適宜使用する。」と心がけて下さい。
マダニに気を付けましょう!!
○「マダニ対策、今できること」(国立感染症研究所ホームページ)
 
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
SFTSとは?
1 病原体
 ブニヤウイルス科フレボウイルス属の重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome : SFTS)ウイルス
2 感染経路
 主にSFTSウイルスを保有するマダニに刺咬されることで感染する。
3 潜伏期
 6~14日
4 診断と治療
 (1)    臨床症状:発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)を主張とし、ときに、腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などを伴う。
 (2)    診断:血液、血清、咽頭拭い液、尿から病原体や病原体遺伝子の検出、 血清から抗体の検出
 (3)    治療:対症療法
5 予防
 草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かないことなど、マダニに咬まれない予防措置を講じること。
(厚生労働省ホームページより)

金武町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想等がございましたら下記をご入力し送信ください。


ページのトップへ