• トップ
  • 暮らしの情報
  • まちの情報
  • 町政情報
  • 組織一覧
  • 事業者向け情報

ホーム町政情報 > 町長のページ

町長のページ

あいさつ

 金武町長 仲間一

 

皆さんこんにちは、私は平成26年4月17日から第10代金武町長になりました 仲間 一(なかま はじめ)です。

 

さて、金武町は人口約11,000人、沖縄本島のほぼ中央部東海岸に位置し、北東には宜野座村、北西に恩納村、南西はうるま市石川と接し南東は太平洋につながる金武湾に面した風光明媚なところで、県下では沖縄海外移民の先駆を成した町として知られております。 また、本町は町面積の約55.6%を占める広大な米軍基地キャンプ・ハンセンをかかえており、同施設にはおよそ、5,000人の海兵隊が常駐しております。

 

本町は、町民の意見やアイディアを結集し、町民参加型の町政運営を基本に、まちの特性を活かした「心豊かな明るい健康文化のまち」づくりに取り組んでおります。

 

 本年(平成30年)におきましては、ギンバル訓練場跡地利用計画にある海岸環境整備の着工及び周辺整備、金武児童公園の複合遊具等整備のハード事業を展開し、町民生活の充実を図ってまいります。

 

また、1899年12月5日に沖縄からの第1回移民をハワイへ送りだしたことにちなみ、12月5日を「金武町移民の日」と制定いたしました。「金武町移民の日」におきましては、海外へ移住した先人たちの功績を称えるとともに、町民が沖縄海外移民発祥の地としての誇りと、先人が育んできた進取の気象や不撓不屈の精神を継承する機会とし、世界で活躍できる人材育成を図ってまいります。

 

本年(平成30年)も町民と共に考え、汗を流し、行動するという信念を持ち、謙虚に誠実に町政運営に取り組みながら、高齢者が元気で、若者が夢と希望を持ち、子どもたちが健やかに成長できる金武町を目指し、まちづくりに邁進してまいります。

 

 このホームページをとおし、町民はもとより本町に関心をお持ちの皆様が更に関心を寄せていただき、金武町へお越しいただくことを心よりお待ちしております。

ページのトップへ